calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

感謝の気持ちを込めて、値段を5割増しにしてみるか!?

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:コンピュータ

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

自分が大学を出て会社に入りたての頃、パソコンは1人1台の割り当てにはなっていなかった。

当時は私が入社した会社でパソコンの製造をしていたのにも関わらず、パソコンは共有物。

必要な時に、今では考えられないくらい思いラップトップパソコンを棚から取り出し自分の席へ運び、終わったらまたパソコンを棚に戻すといった感じでパソコンを使っていた。

 

しかもそのパソコンの画面はカラーではなく、プラズマディスプレイなる画面を要していて、表示される文字や絵は全てオレンジ色。

それでもプラズマディスプレイのパソコンは、青白で表現していた液晶画面を擁していたパソコンよりも文字が鮮明に明るく出力されていたので見やすく、「プラズマディスプレイが最高!」なんて言っていたものだ。

 

入社当時、そんな感じだった職場環境も数年間で大幅に変化。

パソコンは1人1台に割り当てられ、画面をカラーに(最初は256色のカラーだったが)。

Windows95が発売されてからは、パソコンの性能もドンドン上がっていき、一時期は毎年のように私のパソコンが刷新されている時期もあったのを覚えている。

 

ただ、その当時のパソコンは高かった。

20万円くらいは当たり前で、40万、50万なんてぱそこんもザラ(もっともっと高いのも沢山あった)。

たしか私がWindows95が出た後に最初に買ったパソコンセット(14インチのブラウン管モニター、CD付ディスクトップ、ネットは電話回線)も、20万円以上した記憶がある。

 

もちろん、性能は今のパソコンの比にならない。

 

まぁ、デジタルカメラも出たばかりで、せいぜい30万画素くらいのレベル。

扱うデータ量そのものが小さいから、性能が今のものより大きく劣っていても特に不自由はしなかったのだが・・・

 

そんなパソコン感じで最初のパソコンを購入してから、大凡20年ちょっと。

いつの間にかパソコンなんぞを売る様な仕事をしているが、当時と比べるとなんとパソコンの性能が上がった事かと感じてしまう。

 

先日は、NEC製のパソコンをSSD640GBに改造した商品が売れ初期設定をしていたのだが、とにかく起動が早い。

電源を入れてから、1分もあれば使える状態。

Word、Excelの起動もあっと言う間。

CPUだけでなく、記憶メディアも磁気ディスクからSSDへと変わって来た事で、パソコンで一番イライラする電源投入後の立ち上がり時間までもが大きく改善されるようになった。

 

しかも、このレベルのパソコンが今ではWordやExcelなどのソフトを入れて10万円程度で買えてしまう。

 

よくよく考えたら、凄いことだと思う。

「この値段で、関係して会社は利益を得られているのだろうか?」なんて余計な心配までしてしまう。

 

なんなら、「値段を5割増しくらいにして、関係しているメーカーさんや営業さんにキャッシュバックしましょうか?」なんて考えてしまうほど。

でも値段を5割増しにして売っても、関係者にキャッシュバックする方法が分からない・・・

仕方が無いから、その時は感謝の念だけを関係する方々に送って、自分がお金が頂いとくか(笑)。

 

【注意】当校では、実際には上記の様な5割増し価格設定は行っておりません(ホントですよ!)。

 

★最新のSSD搭載パソコンは、起動がとにかく早い!

大分のパソコン教室 スタディPCネット大分高城校にて販売中のSSD搭載パソコン

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック