calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

当り前の考えを一度リセット

JUGEMテーマ:パソコン教室

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

教室を安定して運営していくには、やはり多く集客出来るか否かが大きなカギだ。

どんなに理想を唱えても、やはりお客さん(教室の場合は生徒さん)を集められなければ、教室は運営し続けられない。

スタディPCネット大分高城校には現在既に多くの生徒さんが通って下さっているが、教室を安定稼働させるのには未だ生徒さんが不足している。

あと20%くらい生徒さんを増やす事が出来れば安定領域へと入ってくるイメージなのだが、当然の事ながら毎日神棚に祈り続けているだけでは生徒さんはやっては来ない。

足りない頭をフル回転させ、「教室の知名度をどうやってあげていくか?」、「教室を探している生徒さんはどこにいるのか?」、「教室に通いたくなるような殺し文句な何か?」等々、考え続けなければならないと思っている。

 

集客に向けた施策の一つに、衛星教室を設けるという事を数か月前から考えていた。

と言うのも、大分は都会と違い車社会。来校される生徒さんの殆どが車で来校される。車で来ないのは、中学生と高校生ぐらい(小学生は親御さんが車で連れて来られる)。

車社会ゆえに、実は30〜40kmほど離れた所からスタディPCネット大分高城校に通われている方もいる。

これはこれで商圏が広いという意味では良いのかもしれないが、実は問題もある。

 

遠くからスタディPCネット大分高城校に来れれる生徒さんの多くは、インターネット経由で教室を見つけて来校されている方が殆ど。つまり、年齢層的には40代以下の世代が殆どだ。

一方、シニア層はと言うと、殆どの方が教室の看板を見かけて来校された方が殆ど。同じように車で来られるのだが、自宅と教室との距離は1〜3km以下の方が殆どだ。つまり、ご近所さんなのだ。

 

シニア層の方々は傾向として長く通って下さる方が殆どである事から、教室にとって重要な集客ターゲットの一つだが、自宅の近くに教室が無いとシニアの方々は教室に通ってくれない。

生徒さんの自宅と教室との距離、その年齢層の分析をした際にその様に感じた事から、衛星教室を設けようという発想へとつながったわけだ。

 

但し衛星教室を設けるとなると、教室の確保、敷金の準備、家賃、什器類の整備、場合によっては内装費等々・・・

新たに教室を始めるのと同じくらい費用が必要になるうえ、本家本元のスタディPCネット大分高城校の運営もあるので、現時点では毎日教室を開くことは出来ない。

 

そんなわけで、この案は廃案にするしかないと思っていいたのだが、実はある案が思いつき、とある会社へ相談させて頂いたところ2月からあるところで衛星教室を開校する事が決まった。

場所代や什器類、内装費などのリスクなく教室を開校出来る。集客についても、ご協力頂けるとの事。

 

最終的に、どのくらい生徒さんを集められるかはこれからの活動しだいだが、少なくとも初期費用のリスクがゼロになった事は何よりも大きな事だ。

 

今回この様な結果に至った背景には、おそらく自分には珍しく何とか衛星教室を持つ方法がないかと考え続けた事が一因だと思っている。

お金の面も含め多くの制約事項がある中でも、何かしらやれる方法がきっとあるという事。

「教室をやる」→「物件費用がかかる」→「什器費用がかかる」→「お金が無いと出来ない」的な、ある意味当り前の考えを一度リセットして、やれる方法を考える事の大切さを少し学んだ12月の出来事でした・・・

 

★これじゃ新教室開校するには足りねぇなぁ〜

パソコン教室スタディPCネット大分高城校オーナーのブログ|これじゃぁ新教室開校するには足りねぇなぁ〜


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック